粉瘤とは‥


粉瘤(アテローム)とは、良性の皮膚腫瘍の一種でアテローム、表皮嚢腫とも呼ばれます。皮膚の上皮成分が皮内や皮下に落ちて袋を形成しその中に粥状をした角質(垢)や皮膚の皮脂(脂)が貯まってできた固まりです。

粉瘤は全身のどこの皮膚にも発症します。多くは背中や臀部や鼠径や耳後などにできます。

通常は、痛みや痒みなどの症状はありませんが腫れて赤くなり痛みが生じることがあります(炎症性粉瘤)。細菌の繁殖や内部に貯まった角質に対する炎症が原因で起こると考えられます。

炎症が無ければ手術で摘出することができますが、炎症性粉瘤になってしまった場合は治療が変わってきます。粉瘤が化膿すると炎症をおこし痛みを伴います。見た目には赤く腫れ上がります。炎症をおこすと袋が弱くなるので破れやすくなります。皮膚が一部破れて膿が出てくることもあります。炎症がひどいと手術で袋ごと摘出するのが難しくなります。多くの場合炎症を抑えるための応急的処置になります。皮膚を少し切開し中に溜まっている膿を出します。そうすることで周囲の炎症も徐々に落ち着いて症状は改善します。

しこりに気付いた場合には炎症を起こす前に早めに受診することをお勧めします。

nurse matsuo