『低温やけど』


使い捨てカイロ、湯たんぽ、電気あんか、電気毛布、電気こたつ、ストーブなど、寒い冬には欠かせない暖房グッズ。近年これらの暖房グッズで「低温やけど」を負う方が増えています。「低温やけど」は、痛みを伴わず気づかないうちに進行することが多く重症化してしまうケースも多いので注意が必要です。

体温より少し高い位〜60℃以下の熱源に長時間触れ続けることによって起こるやけどを「低温やけど」といいます。熱源が低温の場合、長時間触れていても熱さや痛みを感じにくく、やけどが低い温度でゆっくりと進行する為気付いた時には「皮膚の深部まで赤く腫れる」「水ぶくれができる」などの比較的軽症のやけどから最悪の場合「皮下組織が壊れる」といった重症のやけどを負ってしまうことがあります。「低温やけど」は、治るのに何ヶ月もかかったりするケースも珍しくありません。体の部位の中でも、脚は知覚が鈍く、特に、踵や踝、下腿などは皮膚のすぐ下に骨があるため毛細血管が圧迫されやすい部位です。そのため、血行が悪くなり「低温やけど」を負いやすく重症のやけどになることが多いので注意が必要です。

見た目に異常がないように見えたり、あまり痛みを感じなくても、皮膚の深いところでやけどを起こしている可能性があります。感染症の予防のためにも、自己判断せず、必ず早めに受診してください。

ひどく疲れが溜まって眠り込んでしまうとか、お酒を飲みすぎて居眠りしてしまうような時は、熱さに対して反応が鈍くなっている可能性がありますから注意しましょう。くれぐれも電気カーペットにゴロっと横たわって顔などを直接カーペットにくっつけてうたた寝‥なんてしてしまわないよう気をつけましょう!

E.  matsuo